知っておきたいマンスリーマンションの相場と賃貸の初期費用

マンション

マンスリーマンションと賃貸の初期費用

マンスリーマンションの初期費用と賃貸の初期費用の差を知りたいと思われている方は多いのではないでしょうか。ですからこれからマンスリーマンションと賃貸の初期費用比較をしていきたいと思います。
例としてまずは月8万円の家賃の賃貸マンションで初期費用を見ていきたいと思います。敷金礼金で約32万円、仲介手数料で8万円、保険や鍵交換代で3万円程度かかってくることでしょう。そこにさらに家具や家電を買うとなると、だいたい一通り揃えて30万円程度は必要になってきます。入居の費用と家具家電代金で合計約73万円程度かかることになります。
一方でマンスリーマンションの場合、家具家電は備え付けですので必要ありません。そして敷金礼金、仲介手数料、保険などもかかりませんから、そちらも0円です。部屋代以外のかかる初期費用は契約手数料、クリーニング代、場合によっては保証金程度です。初期費用に関しては圧倒的にマンスリーマンションが安いということを覚えておきましょう。
マンスリーマンションと賃貸マンションの初期費用について知りたいと思われていた方は、ここで解説をしたことをどうぞお役立てください。気軽で身軽に住むには、賃貸よりもマンスリーマンションがおすすめだと言えるでしょう。

良心的な賃料のマンスリーマンション


マンションというとどれもハイセンスな印象がありますので、それだけで一般庶民には手の届かない存在だろうと思ってしまいます。そして、それは短期で借りるマンスリーマンションも例外ではなく、その印象が強いと借りるときの選択肢に入ってこないです。ですが、都会のマンスリーマンションはそれなりに高いですが、それ以外の場所ならかなり良心的な家賃になっているのが普通です。
もしもマンスリーマンションで月の家賃が5万円台だったら、とても驚いてしまいます。10万円近くしてもおかしくないのが5万円台だったら激安だと思えますし、実際に地方だったらそういうマンスリーマンションがあるのです。
広い敷地にドーンと構えているようなマンスリーマンションならそれは十分現実的なことですので、マンションは家賃が高いという印象を覆すには十分です。それでいて設備はかなり充実していますからその点を不満に思うことはないでしょうし、かなり利用しやすい状況になっているのです。
マンスリーマンションが郊外よりも都市部に多いのは確かですが、地方だったらたとえ中心地であっても手頃な家賃で借りられます。ですので、地方で短期滞在予定があるのなら、マンスリーマンションのことも調べておくと得するかもしれないです。

知っておきたいマンスリーマンションの相場


マンスリーマンションの相場というのは一体どれくらいなのか、多くの人が気になっているものかと思います。やはり利用にあたっては料金というのは重要ポイントの一つになりますから、これからマンスリーマンションの相場に関してしっかりと説明をしていきたいと思います。
まず、マンスリーマンションは地域によって相場も大きく変動します。やはり東京は他の都道府県と比べると、比較的相場は高めです。ランクをつけるとしたら、一番高いのは東京、次が神奈川、その次に大阪、愛知というようになっています。
東京の一ヶ月利用での1日あたりの料金は、およそ4600円が相場になります。同じようにみていくと、神奈川だと3900円、大阪だと3600円、愛知が3500円くらいになってきます。もちろんこれは相場ですから、これよりももっと安いところもあるでしょうし、その逆だって十分に考えられます。探してみれば希望の価格帯のマンスリーマンションが見つかることもありますから、この相場は参考にしつつも一応もっと安いところを探してみる価値はあると言えるでしょう。
マンスリーマンションの相場について知りたいと思われていた方々にとって、こちらでしてきた解説がお役に立ってくれれば幸いです。

pick up contents

TOP